コーヒー

コーヒー

ロンドンにコーヒーハウス誕生。コーヒーの流行と、紅茶の台頭。

ロンドンにコーヒーは渡り、1652年最初のコーヒハウスが誕生。そのままわずか半世紀で、約8000軒が建てられ、人々の新たな社交の場として確立していきました。コーヒーハウスは、新聞社、指ん曲、株式取引所、保険屋、事務所など社会の大切な役割を担うように。しかし、男性主義が裏目に出て、コーヒーは衰退。そこに紅茶が台頭します。

コーヒー

コーヒーの家の発生に伴う「各地の商人の動き」と「植民地主義」の始まり

コーヒーは、コーヒーハウスとともに世界各地へ広がっていく。コーヒの発生によって、各都市(イエメンのモカ、エジプトのカイロ、レヴァント地方、オランダ)の商人たちはコーヒー産業に参入。中でもオランダ商人の動きが特徴的で、「買って、売る」から「作って、売る」といった「植民地コーヒー」を生み出した。その実態は過酷なものだった..

コーヒー

コーヒーを確立させた、熱心なイスラム教徒「スーフィー」の話。

コーヒーの存在は、熱心なイスラム教と「スーフィー」の人たちによって確立されました。コーヒーの存在は極めて微妙な立ち位置にいましたが、その存在が認められると爆発的な普及を見せました。しかし、その普及は、いつの間にかスーフィーの思い描いたものとは違うものに…